TOP | 既卒とは | 第二新卒とは | 既卒の求人どうやって探す? | 履歴書の書き方のポイント | 志望動機はどう書く? | 当サイトについて |

既卒者の就職

<既卒の就職事情と既卒が就職する方法>

【20代後半や30代前半でもまだまだ遅くはない!支援制度も増えて就職はしやすい傾向に】


昨今、厳しい就職状況や3年以内に離職する人が増えたことで、既卒者と言われる人が増えました。

卒業未就職者やフリーター、ニート、第二新卒など状況は人それぞれですが、派遣やアルバイトをしながら「正社員になりたい」「いつかはちゃんとした仕事に就きたい」と考えている人も多いのです。

既卒者は、新卒者と違って基本的に「中途採用」「転職組」の枠になってしまい、他の社会人経験のある人と競争しなければいけない(その際、職務経歴やブランク期間の説明がしづらいなど)

というのが就職する時に大きなネックになっていました。

最近は「卒業3年以内は新卒扱いにしよう」などという意見も提言されたり、

最近政府も若年層の雇用にかなり本腰を入れてきています。(実は国や都道府県も若者の就職支援をかなりやっています。30代前半くらいまではけっこう支援してもらえたりします。)


それに企業側も若者を採りたいというポテンシャルは常にあり(意外と知られていない企業で欲しがっているところも多い)、既卒の就職がやりやすい環境は整いつつあるのです。

「未経験でも可」の求人は意外とあるし、実際に既卒未経験から就職や転職したケースもあるので、あきらめずにとにかく動いてみることが大切です。


<既卒で就職するのに使える方法>

・既卒者でも使いやすそうな転職サイトを利用してみる(未経験可能の求人を探しましょう)
・ヤングハローワーク、ジョブカフェなどの施設を利用する
・東京都などがやっている既卒支援サービスを利用する


<事前に準備をしっかりと〜書類作りはどうするか?>

就職しなかった理由やブランク期間に何をしていたのか?を自分から説明できるようにしておくのがポイントです。
職務経験がなくても、アルバイトなどで学んだことや能力、仕事に取り組む姿勢など
何でも良いので前向きさをアピールできるように考えておきましょう。

(引け目を感じている人もいるかもしれませんが、反省すべきところは反省して、今はこう考えています。など前向きや学び、これからこうしていきたいという意志を伝えるのも良いでしょう。)

また、志望理由や会社に入ってからこうして仕事いきたいなどのアピールポイントも考えておきましょう。
面接もある程度シュミレーションしておくとやりやすいです。


<既卒就職の流れ〜目標を決めて正社員を目指そう!>

1.まずは目標を決める
「○ヶ月以内に正社員になる」「いつまでに書類を作成してみる」「求人に応募する」「就職支援サービスに申し込む」
など具体的な目標を決めましょう。
その目的を達成するために、やるべきことを書き出して、ひとつずつやっていきます。

2.準備する
目標を決めたら、職業研究や書類の作成、面接のシュミレーションなど就職に必要なことを準備していきます。
やってみたい仕事や情報を集めたり、実際に話を聞きにいくなども有効です。
情報収集をしすぎたり、考えすぎると行動に移せなくなってくるので、ある程度準備したら、動いてみましょう。
行動するとまた必要なことが見えてくるので、行動しながら準備してもいいです。


3.仕事探し実践!
転職サイトやハローワークで実際に求人を探したり、支援サービスを活用しながら就職活動を進めていきます。
必要ならセミナーなどにも参加してみましょう。