TOP | 既卒とは | 第二新卒とは | 既卒の求人どうやって探す? | 履歴書の書き方のポイント | 志望動機はどう書く? | 当サイトについて |

既卒とは?

スポンサードリンク

学生時代に就職活動をして、卒業と同時に就職。

そういう人たちを「新卒」と呼びます。

それに対して、「既卒」とは一般的に、高校や大学などを卒業して職歴がない人や職歴が浅い人のことを指します。


既卒にもいろいろある

既卒といわれるケースは人それぞれ様々な事情がありますが、一般的に以下のようなパターンが多いです。

<未就職>

・やりたいことが見つからなかったので、就職活動をしなかった。
・就職が希望どおりに上手くいかなかったので、就職をやめ、アルバイトをしていた


<留学型>

・卒業してから、短期留学や数年の留学を経験した

留学して、帰国してからの就職活動になると新卒ではなく、既卒での就職活動になります。語学力を生かして就職する人も多いです。


スポンサードリンク

<公務員・資格型>

・公務員試験受験のため、就職せずに試験勉強に専念していた
・資格試験受験のため、アルバイトしながら勉強していた。


公務員試験や難関の資格試験などを受けるために就職せず、勉強していた人が、方向転換して既卒での就職を目指すケースです。

企業への就職を目指す場合と、専門資格に関連した事務所などを目指す場合があります。


<アルバイトなどのフリーター型>

・他にやりたいことがあったので、アルバイトをしながら続けていた
・時間が自由になるアルバイトなどが適していた


<何らかの事情があった場合>

・健康上の理由で、就職が難しかったため、アルバイトや家事手伝いをしていた
・家庭の事情などで、フルタイムは難しく、アルバイトしていた
・いわゆるニートなど家にひきこもりがちだった

など、同じ既卒でもいろいろな人がいます。


世間一般には、新卒に比べ、既卒は不利だとかいろいろな悲観的な話が飛び交っていますが、若者の3人に1人は3年以内に辞める今の時代「既卒」の人は思った以上に多いものです。

また、職歴があっても、広い意味で新卒ではない人のことを既卒と呼ぶ場合もあります。