TOP | 既卒とは | 第二新卒とは | 既卒の求人どうやって探す? | 履歴書の書き方のポイント | 志望動機はどう書く? | 当サイトについて |

ジョブカフェとは

公共の施設で就職支援を行っている施設はハローワークともうひとつジョブカフェがあります。

ジョブカフェとは経済産業省が行っている若者向けの就職支援サービスのことです。

国が、「若者自立・挑戦プラン」として始めたもので、若者が雇用に関するサービスを1箇所で受けられるようにと作られました。

昔からあるハローワークのようなものではなく、コーヒーを飲む感覚で気軽に立ち寄り、何でも質問して欲しいというコンセプトが売りの施設です。


基本的にハローワークと同じようなサービスですが、サイトの作りなどもハローワークより見やすく、くだけた印象になっていて、わかりやすいです。

カウンセリングやセミナーなども充実していて、就職までをサポートしてくれるので、利用しやすいサービスです。

ジョブカフェで何ができるのか?

・カウンセリング
・情報提供
・求人情報検索
・セミナー

ジョブカフェは、提供サービスはハローワークと似ていますが、若者向けということもあって、カウンセリングやセミナーが充実しています。

ジョブカフェでの就職までの流れ

1、JOB CAFEに気軽に立ち寄る。

ジョブカフェは、ハローワークよりは数が少ないですが、全国にあります。
自分の地域のジョブカフェを探して行ってみましょう。

2.コーヒーを飲みながらインターネットや求人情報誌の情報を見る。

ネットでの検索や求人情報誌など就職に必要な情報を得られるようにいろいろなものが揃っているので、誰でも情報を得ることができます。


3.カウンセリング

自分の適性や適職の診断などが受けられます。
プロのカウンセラーがアドバイスしてくれるので、悩みや相談もすることができます。


4.研修

面接の受け方や履歴書の書き方など研修などがあります。

5.紹介

応募したい求人があったら、ジョブカフェから紹介を受けます。

6.面接


7.就職決定


ジョブカフェは、サポートが充実しているので、近くにある人はぜひ足を運んでみましょう。
いろいろな相談も受け付けてくれるはずです。