TOP | 既卒とは | 第二新卒とは | 既卒の求人どうやって探す? | 履歴書の書き方のポイント | 志望動機はどう書く? | 当サイトについて |

既卒の求人どうやって探す?

スポンサードリンク


「どこで求人を探せばいいの?」

「どこで情報を得ればいいのか?」

これは、既卒者の共通の悩みです。

新卒のときは、大学の支援やリクナビなどいろんな大体活動の様子がわかったし、中途採用であれば、転職サイトもたくさんある。

でも、職歴が浅かったり、なかったりする既卒の場合、どうやって情報を得ればよいかよくわからないというのが既卒の悩みですね。


求人はどこで探す?

既卒者が求人や就職の情報を得られるのは主に以下のようなところです。

・ハローワーク
・新聞の求人広告
・就職情報誌・求人雑誌
・ネット上の求人サイト

スポンサードリンク


ハローワークで探す

普段はあまり関わりはないですが、仕事を探すときに利用できるのがハローワークです。
ハローワークは厚生労働省が管轄している国の公共機関ですから、企業側、仕事を探す側どちらも安心して利用できるメリットがあります。

国は特に若年層の就職支援をしているので、どこから始めたらいいかわからないという人はハローワークを利用してみましょう。
ハローワークの活用法については、後述します。


新聞の求人広告で探す

求人情報は、新聞の求人欄で探すことができます。
新聞の求人欄は見落としがちですが、企業が料金を支払って求人広告を出しているものですので、根気良くチェックしておきましょう。


就職情報誌・求人雑誌

売られている就職情報誌や求人雑誌などにも求人情報が載っています。
専門誌などはたくさんの企業の求人が載っているので、どんな職種があるのか?自分に合う職種はないかなど見るだけでも参考になるでしょう。


ネット上の求人サイト

最近はインターネットで就職情報を得るというのが主流になっています。
企業側もネットでのみ募集をかけているというところもあるので、ウェブからの情報収集も必要です。

既卒の人が就職情報を得るのに良いサイトは、リクナビNEXT、毎日キャリアナビ、e-career、en-japanなどいろいろあります。