TOP | 既卒とは | 第二新卒とは | 既卒の求人どうやって探す? | 履歴書の書き方のポイント | 志望動機はどう書く? | 当サイトについて |

ネットでの求人の探し方とおすすめサイト


ハローワークでの就職活動も良いですが、並行してネットでの就職活動もしていきましょう。

今多くの企業が、求人の募集をネット上の求人サイトなどで行っているからです。

ネットでのみ応募可能な企業もあるので、是非上手に活用してください。


既卒の求人サイトはどうやって探す?

既卒者や第二新卒者の場合、悩みのひとつにどうやって情報を集めたらいいのか?ということがあります。

新卒の場合なら、リクナビなどの新卒用サイトなどを利用することができますが、既卒の場合、新卒用サービスを使うことができません。

ですから、既卒者の場合は、基本的に転職者用サイトを利用することになります。

一口に転職者用のサイトといっても、そこにある企業の求人ニーズは様々です。

経験者や専門スキルを持っている人を求めている企業もあれば、未経験歓迎、第二新卒歓迎、経歴不問など広く人を募集している企業もあります。

既卒者で経歴が浅かったりすると、応募してよいのか迷うことも多いかもしれませんが、未経験歓迎や経歴不問などの求人もいろいろありますので、積極的に利用することをおすすめします。

既卒者は、新卒のようにわかりやすく就職活動できるようなシステムになっていないので、受ける会社はある程度自分で作り出すという心構えでいましょう。

既卒者が使える代表的なサイトには、リクナビNEXTや毎日キャリアナビなどの大手のサイトがあります。

また、そのほかの転職サイトや人材紹介サービスも使えるところがあるので、積極的に活用していきましょう。

特に、職歴がある第二新卒であれば、転職サイトを使う上ではより有利です。




既卒・第二新卒者におすすめのサイト

転職者用のサイトを利用するといっても、

職歴もあまりないし、普通の転職サイトに登録するにはちょっと敷居が高い・・

という人におすすめなのが、既卒未就職者や第二新卒者の就職支援を行っている“いい就職.com”です。

いい就職.comでは、既卒者対象のセミナーや就職活動講座や正社員&未経験可の求人検索、就職個別相談会など支援サービスがとても充実しています。

今まで、既卒者などを対象にしたサービスはほとんどといっていいほどなかったので、

既卒者はどこにいったらいいかわからない・・という状態が続いていました。

いい就職.comの就職サービスは民間で、唯一既卒者向けの支援サービスを専門にしている会社なので、ぜひ活用したいところです。

いい就職.comは、無料登録することができ、様々なイベントやサービスを利用することができます。




また、転職サイトエン・ジャパン運営の正社員を目指す本気のアルバイトども活用できそうです。

これは、基本的には、アルバイト求人サイトなのですが、短期間に正社員になれる求人を掲載しています。
全て、未経験者歓迎の求人ばかりで、手に職をつける、パソコンスキルが身につく等、様々なメリットがある求人なども多めに掲載されています。

職歴もないし、資格もない・・と悩んでいる場合やまずは一歩踏み出したいという人には向いているでしょう。