TOP | 既卒とは | 第二新卒とは | 既卒の求人どうやって探す? | 履歴書の書き方のポイント | 志望動機はどう書く? | 当サイトについて |

空白期間・ブランクの対策法


就職活動したいけど、ブランク期間が気になるという人も多いでしょう。

その場合、自分がブランク期間に何をしていたのか?ということは説明できる必要があります。

空白期間がある場合、就職活動の際、企業側は空白期間のことを聞いてくることが多いからです。

ブランク期間何もしていなかったというのは、基本的には企業側に好まれません。

仕事をきちんとやってくれるのか?
すぐに辞めてしまうのでは?
と不安に感じるからです。


ブランク期間がある人の場合は、その間自分がしていたことを前向きに説明できるようにしておき、かつ仕事への意欲をアピールしましょう。

ブランクの理由としては

・次の仕事のために資格の学習をしていた
・アルバイト経験で新しいスキルを身につけた
・学校に通い直していた

など、自分の行動を見つめてプラスになったことを探して見ましょう。

自分で説明しておくことで、採用側のマイナスの憶測を防ぐことができます。


活動中に前向きな理由を言えるように、今から仕事に関連した学習を始めるのもオススメです。


資格の勉強は職歴が浅い人の場合、書類の欄を埋めたり、意欲を示すことにもなるので、メリットがあります。

職歴が浅い場合は、経歴ではアピールしにくい部分がありますので、その分、仕事への意欲をアピールする必要があります。

履歴書や職務経歴書に書くことがないという人は、資格の学習欄や自己PR面に力をいれるのもオススメです。


おすすめ資格サイト

⇒ 資格と仕事.net

資格と仕事.netでは、400以上の資格の情報が載っている資格サイト。
転身ストーリーやお仕事ランキングの情報が満載。
ひとつひとつの資格について、合格率、受験資格などを解説。
また、200以上の仕事の情報の就き方、必要スキルなどを紹介しているので、資格だけでなく、仕事を選ぶ上でも参考になります。