TOP | 既卒とは | 第二新卒とは | 既卒の求人どうやって探す? | 履歴書の書き方のポイント | 志望動機はどう書く? | 当サイトについて |

アルバイトは経歴になるのか?

スポンサードリンク


「アルバイトは経歴にはならない」という声がよく聞かれます。

では、アルバイト経験しかなく、職歴がない場合、どのようにアピールすればよいのでしょうか?

アルバイトは職歴にならないからといって、全くのブランクでは、採用側も何をしていたのか?

全く分からないですから、その点はきちんと説明する必要がありますし、面接官の中にもアルバイトの経歴については説明して欲しいという人もいます。

その場合は、謙虚さを持ちながらも、アルバイトで得たものをアピールするのがオススメです。

アルバイトでもしっかり責任をもって働いていたことなどをさりげなくアピールできれば更によいです。

アルバイトで培った能力や得たものなどをアピールした上で、この能力を更に磨いて、御社で役立てたいといったことを話していけばよいでしょう。


スポンサードリンク


一貫性があるほうが説得力がある

アルバイトなどの経歴や持っている資格などでもそうですが、経歴にある程度一貫性があったほうが評価はされやすい傾向があります。

持っている資格はいろいろあってもそれらがそれぞれ全く関係のない資格だとそんなに評価されないことがあります。

仕事もあまりいろんな業種に移っていると、「この人は何がしたかったんだろう?」と思われてしまうことがあるのです。

違う種類の資格や仕事をしているときはそれに関しての流れの説明などを一言しておくと印象がアップする場合があります。

その人がどんな考えで仕事や資格に取り組んできたか見えるからです。

アルバイト経験が多い場合は、それらに共通する要素、「接客」とか「交渉力」「コミュニケーション能力」など共通したものをアピールするのも良いでしょう。

経験が多いときは、自分の「セールスポイント」をはっきりさせて、その部分を強調したほうが上手くアピールできるので、自分のアピールポイントは何か?一度考えてみましょう。