TOP | 既卒とは | 第二新卒とは | 既卒の求人どうやって探す? | 履歴書の書き方のポイント | 志望動機はどう書く? | 当サイトについて |

既卒者の就職・転職に使えるサイト「イーキャリア」特集

既卒者の就職に使える転職サイトイーキャリアの特集


まだそこまでキャリアのない既卒者の就職・転職、異業種に挑戦する場合などは、人材紹介会社はハードルが高めです。


そこでお奨めなのが、第二新卒や既卒者可、未経験可などの求人が揃っている転職サイトを利用すること

ここでは、異業種からの転職や既卒者が利用することが多いイーキャリアを特集します。


イーキャリアとは?】
イーキャリアトップソフトバンクグループ運営の転職応援サイト。
エンジニア、営業職、事務職、サービス職など様々な分野の求人があり、未経験者okの求人や既卒、第二新卒向けの求人も多いのが特徴です。
ソフトバンクグループだけあって、やはりWEB、エンジニア、クリエイティブなどのIT系に強く、これから手に職をつけたいという人にも向いています。
見た目は地味目ですが転職者が使うサイトとして教えてgooやヤフー知恵袋などにもよく挙がるなど知名度も高いサイト。

敷居が高すぎず、まだキャリアや経験が少ない既卒者が使いやすいサービスなのです。


おすすめの理由

転職者が使う人材紹介会社などでは、キャリアコンサルタントと面談があったり、経歴を求められることが多いです。
(人材紹介会社はコストが高いので企業側も経験豊富な人材を求めるケースが多いのです)

それに比べて、イーキャリアのような転職支援サイトは、人材紹介会社ほど敷居が高くなく、既卒者向けや業界未経験でもokなどの求人が多いのが特徴です。

未経験からの経理職やIT系などの今勢いがある分野なども多く揃い、業界未経験からこのサイトで転職した人も多いです。

また登録しておくと、企業からのスカウトがけっこう来ます。
そこからも就職へ結びつくケースも。

ポイント
未経験マーク既卒者や第二新卒などで就職経験のない人や経験が浅いという人は、未経験者歓迎のマークを探すと良いです。
ただし、このマークがついてなくても、よく読んでみると 実は、「既卒可」「未経験から」と書いてあるケースもあるので、あきらめずに探してみてください。

毎日新着の求人が届き、トップページから新着のみ見ることができます。

イーキャリア公式サイト


おすすめの理由
<スカウトサービス>
スカウト
あらかじめ登録しておいたキャリアシートを匿名で公開しておき、企業からスカウトされる制度です。
自分から行くのではなく企業からアプローチしてくるので、登録だけでもしておく価値あり。
忙しい人にも向いています。

イーキャリア毎月500社がスカウトを行っており、スカウトが多いという口コミもあります。

スカウトを受けるコツはキャリアシート(職務経歴書)を充実させておくこと。
「人事の目にとまる職務経歴書43サンプル」などイーキャリアのコンテンツも参考にしながら、記載していきましょう。

「あまり書くことが思いつかない」「経歴に自信がない」
という人も、最初から充実していなくても大丈夫です。

キャリアシートはいつでも変更が可能なので、
最初は最低限のことだけ入力してとりあえず登録しておき、あとから職務経歴や意欲をアピールするものに徐々に更新していきましょう。

徐々に更新していくことで、どんな経歴がどんな企業に求められているかわかるので、キャリアアップの指標にもなります。



<キャリア工房>
営業工房


3年後の自分を変えるための仕事に関する情報を提供しているのがのキャリア工房のコンテンツ。
エンジニアの仕事・キャリアに役立つ情報を提供する『エンジニア工房
トップセールスを目指す営業マンのためのコンテンツ『営業マン工房

キャリアシートの書き方指南や転職パーフェクトナビなど転職と仕事に役立つ情報が満載です。
エンジニア工房
特にキャリアシートの書き方指南は、必見。
企業の採用担当者が必ず目を通す必ず見るが、実は数分程度しかみてないと言われる職務経歴書のコツについて細かく秘訣を伝授してくれます。

イーキャリアの1分登録


登録のメリット
登録しておくだけでスカウトが受けられる上記のサービスの他にも、
自分の条件に合った求人情報をメール知らせる新着お知らせメールやキャリアシートの登録など就職、転職に使えるサービスもあり。

口コミ

kuti.jpg

・ここはスカウトメールがけっこう来ていいです。
大手のサイトに比べて多かったです。

・未経験ok中心に活動してやっと決まりました。
最初は未記入が多かったキャリアシートや
プロフィールを徐々に
更新していたのが良かったみたいです。